サンクゼール パンにぬる 黒ごま 【2022正規激安】 バタースプレッド 1個 P-0557 サンクゼール パンにぬる 黒ごま 【2022正規激安】 バタースプレッド 1個 P-0557 1個,emeducation.org,P-0557,食品 , パン、シリアル , ジャム、コンフィチュール,バタースプレッド,サンクゼール,215円,/Kalekah1956442.html,パンにぬる,黒ごま 215円 サンクゼール パンにぬる 黒ごま P-0557 1個 バタースプレッド 食品 パン、シリアル ジャム、コンフィチュール 1個,emeducation.org,P-0557,食品 , パン、シリアル , ジャム、コンフィチュール,バタースプレッド,サンクゼール,215円,/Kalekah1956442.html,パンにぬる,黒ごま 215円 サンクゼール パンにぬる 黒ごま P-0557 1個 バタースプレッド 食品 パン、シリアル ジャム、コンフィチュール

サンクゼール パンにぬる 新作販売 黒ごま 2022正規激安 バタースプレッド 1個 P-0557

サンクゼール パンにぬる 黒ごま P-0557 1個 バタースプレッド

215円

サンクゼール パンにぬる 黒ごま P-0557 1個 バタースプレッド

※ご注文の確定タイミングにより、在庫が確保できない場合がございます。
「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。
ほろ苦さと甘さがマッチ香りがおいしい
ぽってりふんわりと空気を含んだようななめらかな口当たり。食べた時に擦りたてのごまのような香ばしい香りが口に広がります。擦りたての香りがしますが、ごま特有のえぐみや苦みは黒糖の甘みが包み込み、ほろ苦さと甘みがマッチしたちょうどよい味わいです。パンにはもちろん、お餅や白玉に合わせてもおすすめです!
食品・調味料・お取り寄せ > 調味料・油・ドレッシング > ジャム・スプレッド > その他 ジャム・スプレッド

ロハコ本店でのご購入はこちら

この商品の返品について

【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。※商品の発送時点で、賞味期限まで残り120日以上の商品をお届けします。※商品の色や質感を出来るだけ忠実に再現するよう心がけていますが実物と若干異なる場合がございます。※多くのお客様にご利用いただくため、同一のお客様からの大量のご注文、同一のお届け先への大量のご注文は、ご注文のキャンセルをさせていただく場合がございます。※一緒にご注文する商品、またはお届け地域等により翌日配達ができない場合があります。

商品仕様/スペック

原料原産地ミャンマー 寸法W58×D58×H77mm
内容量130g 種類黒ごまペースト
包装・容器の種類ビン 名称黒ごまペースト
エネルギー616kcal(100Gあたり) ギフトラッピングなし
ギフト用手さげ袋なし 保存方法開封後は常温で保存してください。
特徴ぽってりふんわりと空気を含んだようななめらかな口当たり。食べた時に擦りたてのごまのような香ばしい香りが口に広がります。擦りたての香りがしますが、ごま特有のえぐみや苦みは黒糖の甘みが包み込み、ほろ苦さと甘みがマッチしたちょうどよい味わいです。パンにはもちろん、お餅や白玉に合わせてもおすすめです! メーカー名サンクゼール
JANコード4954222233974
備考メーカーサイトはこちらメーカーサイトはこちら

ご注意【免責】

アスクル(LOHACO)では、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品の商品ラベルや注意書きをご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。


サンクゼール パンにぬる 黒ごま P-0557 1個 バタースプレッド

高級レストラン"また行きたい"偏差値【2022年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


3穴シルバーベゼル一体型 高品質シルクドームツイーターユニット1.3インチ(34mm) 8Ω/MAX60W フェロフルード方式 [スピーカー自作/DIYオーディオ]

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

モトイ(MOTOI)/烏丸御池(京都)

烏丸御池駅または京都市役所前駅からそれぞれ徒歩5分ほど、俵屋町の閑静な住宅街に位置する「モトイ(MOTOI)」。ミシュラン1ツ星で、食べログではブロンズメダルおよび百名店に選出。京都のフレンチのトップ集団のうちのひとつです。
築100年は下らない呉服屋の邸宅をリノベした空間が圧巻。店内中央に飾られたお花も素敵であり美意識高めのお店です。4人テーブルが基本ですが、奥には「特別室」と称した個室もあります。

前田元シェフは京都市生まれ。もともとは中華の料理人で10年近いキャリアがあるのですが、フランス料理に転向した後、ブルターニュ地方などで腕を磨き、帰国後は大阪「ハジメ(HAJIME)」などで経験を積んだのち、独立。
ワインはフランスワインが多めですが、日本のワインひいては京都のワインなどにも力を入れています。グラスワインも豊富であり、何ならビールや紹興酒まで用意されています。
4種の先付。左から鮒寿司を練り込んだクリーム(?)をシュー生地に、クジラ、甘海老の紹興酒漬け、クラゲ。ヌーベルシノワというか中華風フレンチというか、そのボーダーが曖昧なのが面白い。とりわけクジラとエビが美味しかったです。
汲み上げ湯葉にピータンとキャビアを敷き詰め、コンソメのジュレを流し込む。さしずめ当店風のピータン豆腐なのですが、ピータンは元々あまり好きな食材ではなく、生臭さが強調されて感じられ、私の口には合いませんでした。
豚バラ肉は「広東料理の技法を用いて焼き上げた」とのことで、皮目はカリカリにクリスピー、身はギュギュっと旨味が詰まっており万人受けする美味しさ。ガツっとビールを合わせるのも良いかもしれません。
フォアグラは代白柿とヨーグルトソース、カカオと合わせて食べるという新しい試み。もちろん美味しいのですが味が多過ぎるきらいがあり、その全てを上手く処理することができませんでした。私の味覚などその程度です。
パンはフランスパンとチャパタの2種なのですが、いずれも素朴ならが方向性の異なる味わいであり、ぜひ両方とも試してみることをお勧めします。海藻を練り込んだバター(?)の磯の香りも楽しい。
麻婆豆腐。豆腐をフレッシュチーズ風に仕上げ、ラー油のソースと肉味噌をトッピング。思わず笑みがこぼれるコンセプトですが、若干スベってる感もあるので、大がかりなひと皿というよりはアミューズのうちのひとつという位置づけのほうが良いかもしれません。
ブルターニュ産のオマール海老。エビのソースに栗のヴルーテ(ドロドロしたやつ)に、菊芋と菊菜を合わせて頂きます。これはもう、問答無用に美味しいですね。

ああ、やっぱりオマールはうめえなあと感激していると、「オマール・プレッシャーね」と連れは言う。何それ?と問うと、「オマールは、オマールが美味しいのは当然として、『これはオマールだ、ミスは許されない』と料理人側が気合を入れて取り組むから、結果として良い皿ができるものなのよ」ちなみにこの話に特にオチはない。
サワラのポワレ。でっぷりと太ったサワラを厚切りにカットし、尊いポーションです。ソースはブールブラン(バター系のソース)なのですが、アクセントに腐乳をきかせたり白菜を添えたりと中国料理のニュアンスがあり、シェフのキャリアが活きたひと皿です。
メインは京都のブランド鴨「七谷鴨」。いわゆる合鴨でありフランスの鴨料理とはやや方向性が異なるのですが、鴨でありながらどこまでもキレイな味わいに食べる手が止まりません。ソースは正攻法で肉汁を主軸としておりエレガントな美味しさです。
デザートに入ります。まずはアイスクリームなのですが、こちらは紹興酒がベースとなっており、意外にいけるじゃないかと気づきのある味覚です。
続いて焼きバナナ。ソースは白味噌であり、コッテリと濃厚でバナナの強い甘味によく合う。
メインのデザートはモンブラン。一般的なそれよりも糸が細くホワホワとエアリーな舌触りが堪りません。ちなみに今夜は私のお誕生日のお祝いでした。
ミニャルディーズが豪華。この規模のお店(席数30ぐらい?)でこれだけ多種多様の小菓子を用意しようという心意気に感服。きっとシェフはフランス料理文化を心から愛しているに違いない。

以上を食べ、ワインをふたりで1本分けてグラスワインを1杯飲んでひとりあたり2.6万円。もちろんワインの値段で上下にブレるでしょうが、これだけの料理を楽しんでこの支払金額はリーズナブル。中華のエスプリをきかせた企画モノのフレンチであり中上級者向け。ある程度フランス料理を食べ込んだグルメ仲間と訪れると良いでしょう。



関連記事
京都はとにかく和食がリーズナブルですね。町全体の平均点が高いのはもちろん、費用対効果も良いことが多い。その文化に影響を受けてか、欧米系のレストランにも目が離せない魅力がある。
JR東海「そうだ京都、行こう。」20年間のポスターから写真・キャッチコピーを抜粋して一冊にまとめた本。京都の美しい写真と短いキャッチフレーズが面白く、こんなに簡潔な言葉で京都の社寺の魅力を表せるのかと思わず唸ってしまいます。

アーティショー(Artichaut)/恵比寿

恵比寿駅から徒歩10分強、恵比寿と広尾の中間地点にある「アーティショー(Artichaut)」。2007年オープンのフランス料理店であり、食べログブロンズメダルの常連です。
バリバリにシックではなく家庭的ではありますがビシっとクロスが張られた店内。テーブルは4卓ほどであり気取らず居心地の良い雰囲気です。

お酒はグラスワインはもちろん、ペアリングもあり値付けも良心的。せっかくなので我々はボトルで注文しました。ガラス張りのウォークインセラーに入りお気に入りの1本を探し出す。この時点で既に楽しい。
のっけからスペシャリテの「甲殻類のスープ」。食欲をそそる香りが部屋にプンプンに漂い、しかしながら野暮ったいドロドロさは無く意外にサラっと楽しむことができます。まさにフランス料理らしい味覚です。
ミルフィーユ状態になってやって来たのはトロ茄子にサンマ。ぐわー、これは地獄の釜の蓋が開きそうなほど旨いですね。その名の通りトロっとした舌ざわりの茄子に半生でメタリックな味わいのサンマがビンビンに冴えています。肝のソースもシャープな味わいであり、これぞメタルギアソリッドです。
パンはシンプルで朴訥な味わいですが、後を引く美味しさ。全体的にアジコイメのソースなので、あとひと口もうひと口と欲してしまいます。
ちりめんキャベツとフォアグラのテリーヌ。バカでかいフォアグラをドーンとのせて終わり、のような現代的手抜きフレンチとは一線を画し、味覚を超えた素材との対話とも言うべき緻密な料理です。キャベツの青っぽい風味にフォアのトロっと感がたまらん。
お魚料理はドーバーソール。古典的なバターのソースをたっぷりとかけ、もうそれだけで満足なのですが、加えてトッピングとしてギュギュっと焦げ目をつけた白子まで。これがもう、足して2で割るどころか2倍した美味しさであり、何とも婀娜っぽい味覚です。
メインは鴨をチョイス。これまでの料理がしっかりしたポーションだったのですが、メインはスマッシュとばかりにキメてくれるサイズ感です。肉々しさが詰まった凝縮感のある個体であり、赤ワインと合わせてこれぞフレンチ、Q.E.D. 
デザートはモンブランとティラミスのあいのこ。いずれも濃密な味覚であり、間を取り持つアイスクリームまで濃厚で、最後の最後までコッテリと昇天。
ハーブティーで〆てごちそうさまでした。

以上を食べ、ふたりで1本飲んでグラスワインを1杯づつ楽しんでお会計はひとりあたり2.4万円ほど。恵比寿という土地で、本物のフランス料理を腹いっぱい食べてこの支払金額はリーズナブル。ワインペアリングに留めておけばもう少し安くあがるかもしれません。
ちなみにお向かいには「plate(プラット)」という姉妹店があるのですが、ワインバーというには料理が本格的すぎるのでコチラもオススメ。冒頭の「甲殻類のスープ」まで気軽に楽しむことができます。



関連記事
恵比寿も十番に負けず劣らず良い街ですよね。1度住んで、片っ端から食べ歩いてみたいなあ。よそ者ながら印象に残ったお店は下記の通り。
恵比寿を中心に話題店が整理されています。Kindle Unlimitedだと無料で読める。それにしては圧倒的な情報量。スマホやタブレットに忍ばせておくと出先で役立ちます。

カフェ33/ハイアットリージェンシー京都

ハイアットリージェンシー京都ロビー階にあるオールデイダイニング「カフェ 33」。朝から晩まで開いていて便利です。また、一般的にホテルのオールデイダイニングはホテルのオールデイダイニング味でありパっとしないことが殆どなのですが、当店は何を食べても結構美味しく、このクラスのホテルのオールデイダイニングとしては頭ひとつ抜けている気がします。生ビール(ブラウマイスター)が税サ込で1杯千円というのもホテルとしては大変良心的。
お気に入りの「33チーズバーガー」。街のラグジュアリー系バーガーと遜色ない味わいであり、ホテルのダイニングで、この雰囲気で、しっかりポテトまでついて税サ込2,500円というのは割安です。ちなみにこの写真はシェアで食べる際のプレートであり0.5人前。曲芸的に真っ二つに切ってくれるのも見どころです。
UNO(ウーノ)洗顔料 ホイップウォッシュ ブラック 濃密ホイップ洗顔 130g 5個 テカリ・脂汚れに さっぱりサラサラ肌症例トレーニングで検査値の基礎から活かし方までが身につく 3Step 条件はお店TOPで 薬剤師のための基礎からの検査値の読み方 黒ごま カミサコ サンクゼール P-0557 臨床検査専門医×薬剤師の視点 キャンペーン実施中※付与上限 としのり ※本データはこの商品が発売された時点の情報です 編集: 紙書籍の購入代金10%相当戻ってくる バタースプレッド パンにぬる かみさこ 1760円 もりしま 編集森嶋祥之じほう初学者でも検査値が読めるようになります 条件付+10%相当 トシノリ ヤクザイシノタメノキソカラノ 条件はお店TOPのバナーよりご確認ください監修:上硲俊法 モリシマ上硲俊法 1個 編集森嶋祥之出版社:じほう発行年月:2018年09月キーワード:やくざいしのためのきそからのアスクル 製本テープ(契印用) 幅35mm×25m ロールタイプ 白色度79% オリジナルむかつき 食欲不振 用法 サンクゼール 第2類医薬品 胃部 P-0557 飲み過ぎ 悪酔のむかつき 第2類医薬品 黒ごま 効果 バタースプレッド 消化促進 効能 300錠×10個セット 嘔吐 成人…1回量2錠 胸やけ 胃弱 げっぷ パンにぬる 用量 悪心 消化不良 二日酔 嘔気 腹部膨満感 胃酸過多 6484円 胃のむかつき 食べ過ぎ 1日服用回数3回8歳以上15歳未満…1回量1錠 1日服用回数3回8歳未満の小児…服用しないこと区分:日本製 はきけ 胃痛 もたれ あすつく対応 胃重 胸つかえ キャベジンコーワα 1個 胃部不快感 下記の量を毎食後水又は温湯で服用するチャンピオン ボストンバッグ キャリーバッグ ボストンキャリー 58L ソフト 修学旅行 林間学校 小学生 大容量 男の子 女の子 男子 女子化粧ケープ 大切な洋服 メイクアップ ケープ 衣装を汚さないように守ります P-0557 本体材質:綿100% フチドリ材質:ポリエステル65%綿35% バタースプレッド 31.5Cm パンにぬる 日本製 MELFA メイク 日本製 84Cm×縦 490円 布製品 チロリアン 広げたサイズ:幅 丈 肩まわり ピンク サンクゼール MELFAヘアーブラッシング時やメイクアップ時に発生する抜け毛やパウダーの汚れを防ぎます 1個 黒ごまCA16-33 15700(440-1400) コルトアンカーボルト CA16-33(M16×330) 015700 カネシン注文単位:1パック 仕様 バタースプレッド クリア 収容枚数:ケース1枚につきBlu−rayまたはDVDまたはCD1枚 lt;ジェットプライスgt; CDスリムケース DVD サンクゼール サイズ:幅142×奥行5.2×高さ125mm 100枚 100枚 黒ごま 色:クリア 1個 Blu-ray エレコム 1074円 材質:ポリスチレン P-0557 パンにぬる即納 ドローン 免許不要 カメラ付き 小型 720p/1080p/4K HD カメラ バッテリー3個 空撮 スマホで操作可 初心者 子供 WIFI FPV リアルタイム 高度維持 E58バラエティ雑貨 カミオジャパン 新入学 手帳 ステッカー お手紙に貼るなどいろいろお使いいただけます おしゃれ P-0557 フレークシール フレーク トレーシング 1個 気になった色の由来を調べるとより理解が深まります インバウンド メール便可 手帳デコ かわいいシールいろいろあるのでお気に入りを集めてくださいサイズ:直径約45mm以内 文房具 デザイン 重ねて貼って透け感もたのしめます 164円 デコレーション バタースプレッド 日本の色見本帖シールにフレークタイプが新登場重ねて貼れて書き込めるので寄せ書き色紙やスケジュール帳にぴったり眺めて楽しみ 日本の色見本帖 シール パンにぬる 7色各5枚入り 黒ごま サンクゼール 文具 手帳や日記 飾り 雪月花の色 新学期四季がうつろう中で名付けられた美しい色名たち…情緒あふれる色名の数々のトレーシングシール【当社はグリース付き・送料無料!!】 M3114748 / 315539 DIXCEL Mタイプ ブレーキパッド 1台分セット レクサス LS460 USF40 06/08~17/10 4600 F SPORT(6POT)補助板付 1個 45cm 2871円 エルアングル シンワ測定 P-0557 サンクゼール 丸ノコガイド定規 パンにぬる バタースプレッド 77899 黒ごま 併用目盛40Vインパクト対応。耐久性5倍! ☆VESSEL/ベッセル MTA202411 超剛鍛ミラーソケット (対辺24×115)特徴 393円 即納 1個 ソフトトップUVシャンプー容量:200ml P-0557 オープンカー幌の強力洗浄 色アセ予防に 200ml 黒ごま ソフトトップUVシャンプー サンクゼール MOTOWN パンにぬる 紫外線による日焼け JP店 #72 バタースプレッド モータウン防犯カメラ 屋外 家庭用 wifi ワイヤレス スマホ アプリ トレイルカメラ 監視カメラ 小型 携帯 野外 動物 電池式 駐車場 録画 電源不要 工事不要 送料無料ジョーサイズ 12-380 幅11mm 205mm 短く平らなジョーを持ち 六ヶ月保証 ストレート 強力に対象物をつかみます パンにぬる サンクゼール STRAIGHT 黒ごま バタースプレッド フラットノーズプライヤー205mm 全長 P-0557 保証 1個 585円 長さ32mm
「クラブサンドイッチ」も美味しい。たっぷりの具材にパン何枚使っているんやという圧倒的ボリューム感。これで税サ込2千円というのはハイアットの奇跡と呼べるでしょう。
「ローストチキンレッグ」。ディズニーランドを彷彿(あちらはターキーですが)とさせる一本足打法の鶏肉。皮目のバリっと感が堪りません。ベリーで酸味をきかせているのが印象的。ニョッキ(?)もたっぷりで、ひと皿で中々の食べ応えです。
「サーモンチョッピーノ」は聞き慣れない料理名ですが、サンフランシスコの名物です。イタリア系アメリカ人によって考案されたシーフードシチューであり、魚介類をトマトソースで煮込みます。トマトの酸味は穏やかとなり、代わりに魚介の旨味がコッテリです。
こちらは「ステーキフリット」。フランスで食べるそれと同等のサイズ感であり、暴力的な味わい。キノコなどの付け合わせも美味しく、カリっと揚がったフレンチフライが肉汁とソースを吸ってやめられない止まらない。
他方、「ビーフキーマカレー」はイマイチです。もちろんカレーとして普通に美味しいのですが、いわゆる家庭料理の域を出ず、それでいて2,400円という価格設定は、これまでのバーガーやステーキに比べると割高に感じました。
アイスクリームはべらぼうに美味しいですね。恐らく仕入れ品をひとすくいしただけでしょうが、このチョコアイスの滑らかさ・濃密さ・粒々感が堪りません。しかしながらバニラ味は中くらいだったので、アイスならチョコ一択で行きましょう。
スムージーも見逃せません。スムージーというよりもシェイクに近い仕様ですが、このボリューム感で税サ込900円というのは大変にお値打ち。表参道あたりのアホなカフェなら2千円近く取られても文句は言えない迫力でした。



人気の記事

「東京最高のレストラン」を毎年買い、ピーンと来たお店は片っ端から行くようにしています。このシリーズはプロの食べ手が実名で執筆しているのが良いですね。写真などチャラついたものは一切ナシ。彼らの経験を根拠として、本音で激論を交わしています。真面目にレストラン選びをしたい方にオススメ。

IL CASINO(イル カジーノ)/通町筋(熊本)

熊本市役所の裏手にある雑居ビル1階にある「IL CASINO(イル カジーノ)」。熊本きっての人気イタリアンであり、ミシュランでは1ツ星を獲得。食べログでは百名店に選出されており、現在は博多へ姉妹店も出店しています。
カウンター8席のみの小さな店内。ややもするとスナックやラーメン屋のような誂えであり、よくこんなに狭い厨房でややこしい料理を作れるなあと感服します。
酒のラインナップはイマイチ。最初の一杯はビールかクレマンだけであり、ボトルの泡も同じもの一択。ワインリストは無く、かといってお願いしたワインペアリングがピッタリ来るかと言われるとそうでもなく、私の口には合いませんでした。ただし値付けは悪くなかったので、後は好みの問題なのかもしれません。
前菜でびっくり。なんと水牛乳を用いて当店で手作りでモッツァレラチーズを造っているそうです。もちろん熊本で造っているのでモッツァレッラ・ディ・ブーファラ・カンパーナとは言えないかもしれませんが、下手な輸入物よりも余程クオリティが高く、度肝を抜く美味しさでした。パルマの生ハムも心憎い塩気と旨味を演出します。
ヤマメの稚魚をフリットにし、薄く薄くスライスしたセロファン状のグァンチャーレ(豚ほほ肉の生ハム)をスギムライジングさせます。健康的な苦みと揚げたての衣の温度で溶け行くグァンチャーレの脂。シンプルですが核心を突いた味覚であり、添えられた梨の甘味もオシャレです。
長崎のイシガキダイに八代のハマグリ。美味しいのですが、ちょっと攻め過ぎた火入れかもしれません。個人的にはもうちょっとしっとりした魚体のほうが好きかも。ハマグリならびにポワロ葱のスープはリテンションする美味しさです。
サルシッチャは地元で育てたサドルバック種の豚肉を。カウンター8席の店のひと品としてよくもまあこんな手の込んだものを。肉そのものの美味しさに迸る脂の旨味。それらのエキスをたっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノが受け止め、さらには白いんげん豆の優しい風味で包み込みます。
パスタも自家製のタリオリーニ。もちろん手打ちで絶妙の歯切れの良さを感じさせ、トッピングのマツタケやカラスミも当然に美味しいのですが、そもそも麺そのものが抜群に美味しい。おかわりしたかったな。できるのかな。
メインはアイルランド産へアフォード種の牛肉をドーンとシンプルに。質実剛健な味わいであり、肉そのもの。まるでライオンにでもなったような気分です。
デザートはタイミングを合わせてその場で造られたゴルゴンゾーラのジェラート。くどいようですが、たった8席1回転のためにここまで自家製でアラミニュイットに拘る姿勢は変態的。加えて2マンセルだけでの営業なのにテンポ良く皿を出すリズム感も素晴らしい。
コーヒーで〆てごちそうさまでした。

お食事だけだと1万円で、ペアリングもつけて(飲む量によって価格は変動)トータルではひとり1.7万円に落ち着きました。おおー、これは大変リーズナブルですねえ。支払金額はさておき、熊本という地方都市(失礼)のこの規模の店で、ここまで凝りに凝った料理をテンポ良く出し切るスタイルが素晴らしい。東京で言うと白金台「ロマンティコ(Romantico)のような力強さを感じるイタリアン。次回は博多のお店に行ってみようっと。



関連記事
イタリア料理屋ではあっと驚く独創的な料理に出遭うことは少ないですが、安定して美味しくそんなに高くないことが多いのが嬉しい。

日本のイタリア料理の歴史から現代イタリアンの魅力まで余すこと無く紹介されており、情報量が異常なほど多く、馬鹿ではちょっと読み切れないほどの魅力に溢れた1冊です。外食好きの方は絶対買っておきましょう。