種類 | 業務用チーズを使って賢く美味しく料理をしよう

業務用チーズを使って賢く美味しく料理をしよう

かぶりつく女性

種類

フレッシュタイプ

業務用チーズといっても、様々な種類が販売されています。
それぞれの業務用チーズは製造方法が異なり、製造方法の違いによってチーズの種類が変わってきます。
業務用で購入する場合には量が多いので、購入する前に十分検討した上で購入するようにしましょう。
ここでは、主なチーズの種類を紹介します。

白カビタイプ

フレッシュタイプは、熟成期間がほとんどない種類です。
生乳に乳酸菌や酵素を加える事によって作られています。熟成されていないので、ヨーグルトに似たクセのない味になります。
とろっとしているペースト状のものもあれば、もちもちしている固形タイプもあります。
チーズ独特の臭みがありませんので、苦手な人でも食べることが出来るでしょう。
フレッシュタイプには、モッツァレラ、カッテージ、リコッタなどが挙げられます。

青カビタイプ

チーズの表面に付着させた白かびによって内側を発酵させる製造方法です。
見た目は、表面が白くなり、内側が柔らかくてクリーム状になります。ただ、発酵しすぎることでアンモニア臭がして、酸味が強くなってしまいます。
口当たりがマイルドで、クセはあまりありません。
白カビタイプには、カマンベール、ブリー、クロミエなどが挙げられます。
そのままでも加熱をしても食べられ、クセもないので業務用で購入しても、ロスはないでしょう。

青カビタイプは、チーズの表面だけではなく内側にもカビ菌を付着させています。
そのため、カットすることで内側に青い斑点が多数見受けられます。まるで、大理石のような見た目です。
香りが強く、クセがありますので好き嫌いが大きく分かれます。
青カビタイプには、ゴルゴンゾーラ、ロックフォール、スティルトンなどが挙げられます。
クセが強いので、業務用で購入するという場合には多少のリスクがあります。